掘削や配管を切断しないヘリウムガスを使う漏水探知。

株式会社サニー/テクノサニー株式会社 神戸078-413-0321 大阪06-6576-0677
ホーム 会社概要・お問い合わせ 事業案内一覧 リンク集
選ばれる理由
配管劣化診断調査
埋設配管漏水調査
レジオネラとは?
レジオネラ対策洗浄
貯水槽清掃・維持管理
排水・配管清掃
修理・改修工事
ダクト清掃・リニューアル工事
埋設配管漏水調査
ヘリウムガスを使う漏水探知システム。
掘らない、切らない、広範囲の埋設管漏水調査

広い敷地内に配管が埋設されている散水配管・消火配管・給水管などで漏水が起こった場合、場所の特定が非常に困難で費用がかかります。
ヘリウムガスを使う漏水探知システムは、配管を切断することなく配管内にヘリウムガスを圧送し、漏水箇所から漏れるガスを非常に高精度のガス探知機で探知することで、漏れている箇所を突き止めます。

探査システム
概要

1
安全なヘリウムガスを配管内に圧送し、漏れ出てくるガスを地上で高精度のリークディテクターにより検知します。

2
ヘリウムガスは軽く、分子が小さいために微小なピンホールや土中深い場所の漏れも正確に探知できます。

■適用配管
水道メーター以降建物までの給水管・散水配管・屋外消火配管・工場内屋外配管他、屋外に広範囲に敷設されている配管の漏水探知に最適です。
特徴

1 微小から大量の漏れに対応できます
ヘリウム探知機が非常に高精度のため僅かな漏れガスも見逃しません。もちろん大量に漏れている場合は容易に検知可能です。

2 従来工法との優位性
一般的には配管から漏れる時に発生する音を検出して漏水場所を探知する方法が主として用いられています。しかし、微量な漏れや大量の漏れの場合、漏水音があまり出ないため探知できない事が多くあります。
また、調査周辺に騒音があるところでは深夜に調査したり、深夜でも探知できない事が多く、さらに配管の材質で金属管には適用できても、樹脂管など音の伝播しにくい材質の場合、探知できない事があります。

3 広範囲敷設配管の漏水調査
一回の調査範囲は数百メーター単位で探知可能です。配管敷設位置が正確に分からない場合でも、ある程度漏れ周辺の場所の特定ができます。

4 深い埋設管や、地表舗装している場合でも探知可能
微小ガスの検知ができるため、深い埋設管からの漏れガスが多少拡散しても検知できます。地表面が鋪装されている場合は小さな検知口をあける事で検知可能となります。

5 配管の材質を選ばない
金属管、樹脂管その他材質に関係なく探知可能です。

6 作業時間を選ばない
周辺の騒音に関係ない為作業はいつでも可能です。

7 制約事項
屋内配管は漏れガスが周辺一帯に滞留するため調査できません。
断水を伴います。
漏水箇所が複数ある場合はすべての箇所を探知できない事があります。
埋設深さや、埋め戻し土砂の状態でガスが真上に出てこないことがあるため、漏水箇所をピンポイントで特定できず、ある程度の幅で特定します。
方法

1
調査配管の元で配管をはずし水抜きをしてからヘリウムガスを送気します。

2
地上でガス検知機で配管経路に沿ってガスの探知を行います。

3
ガスが検知された周辺を舗装面などに検知孔をあけて捕集カバーを設置して捕集カバーの中で一番濃度の高い箇所を漏水箇所として特定します。

ヘリウムリークティテクター

装置は真空ポンプ・ターボ分子ポンプで真空状態にして質量分析計の原理を応用したプローブガスに、ヘリウムを用いるリークディテクターです。
ヘリウムリークテスト方式は各種リークテスト方式の中でもっとも高感度にかつ高精度で、超微量のガスの検出ができます。

ヘリウムリークティテクター
漏水探知工法紹介ビデオ
Copyright 2010 by Sany Group   株式会社サニー/テクノサニー株式会社 All Rights Reserved.